目標がなくなった?昔の自分に伝えたい成果を出した後にやるべきこと

目標がなくなった。。。

 

今までは成果を残すことに集中していて、

少しずつだが成果を残せるようになった。

 

目標達成をした瞬間は嬉しかった。

 

でも、今は燃え尽き症候群。。

 

努力しなくてもそれなりに成果が出てしまう。。

贅沢な悩みかもしれないけど、すごくつまらない。。

 

どうしたら、次の目標が作れるんだろう?

 

僕は営業で成果を残した後に上記のような気持ちになりました。

 

23歳で月収70万を稼いだところ

お金に困らなくなった。

周りからの評価もそれなりに上がった。

 

すると、何だか面白くなくなったんですよね。

 

小学生の時に初めて買ってもらったゲームを

全クリアしちゃった時みたいに。。。

 

26歳になった僕が当時の僕へ、

目標がなくなった時の対処法をお伝えしたいと思います。

 

 

目標がなくなったのは単なる努力不足

 

目標がないのは単なる努力不足です。

今まで成果を出すために一生懸命頑張ったと思います。

仕事量を増やし、誰よりも努力をしたことでしょう。

気合いと根性でやってきたかもしれません。

 

ただ、その努力の限界が今です。

 

今ままでと同じ努力の方法では次には行けません。

 

では、どんな努力をすればいいかというと、

インプットを増やしてください。

 

インプットとアウトプットの量は比例します。

 

ここでは

インプット = 学び

アウトプット = 成果 とします。

 

今までは上司からインプットをしてもらっていたので、

ただアウトプットに全力を注げばよかった。

 

でもこれからは自分でインプットしなければ

アウトプットは増えません。

 

上司から自立をする時なのです。

 

 

稼げる時に稼いでおけ

 

ビジネスには変化がつきものです。

時代によって変わりますし、今のスキルがこの先ずっと通用することもありません。

もちろん今の収入がずっと続くこともないのです。

 

だから稼げる時に稼いでおくことです。

 

お金を持っていれば多くの経験を積めます。

その経験がさらにお金を稼がせてくれます。

 

稼げる時に稼いで多くの経験をするのです。

 

やりたいことがなければ貯めておけばいい。

何かやりたいことができた時の元手になります。

 

お金があればできることが増えますよ。

 

 

 

ただの勉強は全く無意味

 

実践が伴わない勉強は正直ムダです。

そんな勉強をしているのであれば遊んでいる方がマシ。

 

何か勉強したら必ず実践してください。

 

今の仕事に生かすのもいいでしょう。

副業をするのもいいでしょう。

 

「うちは副業禁止だから」は甘えです。

本気でやる気なら親の名前でやればいい。

ばれないように工夫すればいい。

 

いつの時代もやる奴はやる。やらない奴はやらない。それだけ。

 

 

リスクをとれ

 

これまで書いてきたことを実践してもなお

目標が見つからないのであればリスクをとりましょう。

 

今のステージにいても時間がもったいない。

 

転職でも起業でも新規事業でもなんでもいいです。

自分のレベルのはるか上の人たちと付き合うのもいいでしょう。

 

今のあなたは現状に満足しています。

 

しかし、世の中にはすごい人はたくさんいるのです。

自分よりも圧倒的にレベルの高い人たちがいる環境に身をおきましょう。

 

もしくは、 自分がやったことのないことに挑戦するのです。

やったことのないことであれば、自分よりレベルの高い人しかいません。

 

自らリスクを取って行動をしてください。

 

その先に見えるものがありますよ。

 

 

 

まとめ

 

以上が成果を出して目標がなくなった時の対処法です。

 

20代のあなたは失敗しても立ち直ることができます。

若さは武器なのです。

 

その武器を生かしてさらなる高みを目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。