モチベーションが高い人に共通するたった一つのこと【100人マネジメントしてわかった】

 

A さん
仕事のモチベーションが続かない。

たまにやる気になるけど、いつも中途半端で終わってしまう。

モチベーションがいつも高い人はどうやって維持しているんだろう。

 

こんにちは!おさるです!

営業マンでしたらこのように悩むことも多いのではないでしょうか?

僕は、これまで会社経営・コミュニティ運営を通して100人以上のマネジメントをしてきました。

年齢は、下は18歳から上は33歳までです。

その中で、モチベーションが高い人に共通することを発見しました。

今回は、そのことに触れていきたいと思います!

モチベーションとは何か

 

モチベ〜ションが続かない。。

と嘆くことが多いですが、

意外とモチベーションの意味を

はっきりとわからなかったりします。

 

 

モチベーションとは

動機です。

 

何か行動するときの目的 とも言い換えられます。

 

 

例えると、

 

町で金髪美女を見て「わおめちゃ美人!!」(刺激)

 

金髪美女と付き合いてえ(目的)

 

英語を勉強しよう(行動)

 

 

「金髪美女と付き合うには

英語が話せないとダメだ!!!

英語を勉強するぞーーー!」

 

 

 

モチベーションとは、目的があって初めて成り立つものなんですね。

 

さらに言うと、

 

目的があるからモチベーションが高まるのです!

 

 

 

 

 

なぜ今の仕事をしてるのか?

 

今まで100人以上をマネジメントしてきて、

10人に1人くらいの割合でモチベーションの高い人がいました。

 

 

その人たちに

「なぜ今の仕事をしてるんですか?」

と、聞くと

 

 

「僕は将来自分でバーを開きたいんです。

今はその準備として営業の仕事を通して

コミュニケーション力を高めておきたいんです。」

 

「以前の職場は物すごくブラックで、

本当にきつかったんです。

やりがいもなくてきつかった。

今の仕事は自分の成長も感じられて、

お客さんにも喜んでもらえるからすごく楽しいんです。」

 

 

と、笑顔で答えてくれました。

 

 

働く目的が明確だったんですね。

 

 

TEDで有名なサイモンシネックさんは講演の中で

人はなぜに動かされる」と語っています。

優れたリーダーはどうやって行動を促すか (How great leaders inspire action) 

 

what 何をするか=行動

why なぜするのか=目的

 

モチベーションが高い人に共通するのは

 

働く目的が明確だということです!

 

 

 

2種類のモチベーション

 

とは言ってもの仕事をする目的なんて

「お金のためでしょ」 と思うかもしれません。

 

それでもいいのです。

 

でも、他にもないかを

少し考えてみるのはいかがでしょうか?

 

 

ところで、モチベーションにはざっくり分けると

以下の2種類あります。

 

 

1「〇〇したい、〇〇になりたい」というプラスのモチベーション

→考えるとワクワクするようなこと

2「〇〇はしたくない、〇〇にはなりたくない」というマイナスのモチベーション

→こんな状態は絶対やだ。というようなこと

 

 

 

お金のために働く というのは ②のマイナスのモチベーションになります。

 

収入がなくてご飯が食べられない状態にはなりたくない

家賃が払えなくてホームレスになりたくない

 

このようになりたくないから働いていると考えられます。

 

 

しかし、マイナスのモチベーションだけでは頑張ることはできません。

 

なぜなら、プラスとマイナスのモチベーションは

両輪が回って初めて前に進むことができるからです。

 

 

 

 

本当の自分を知る

 

人それぞれモチベーションは異なります。

次に自分にとってのモチベーションを探してみます。

 

プラスのモチベーションを知る

 

プラスのモチベーションは したいこと  です。

 

 

「営業でお客さんに喜んで貰いたい。」

「一度でいいから表彰されたい。」

「同期に勝ちたい。」

「独立できるだけの力をつけたい。」 etc…

 

 

などできるだけ多く出してみることです。

ここで意識して欲しいのは、仕事に関係ないことも書いてみることです。

 

世界1周したい

沖縄の海でゆっくりしたい

など思いつくものは書き出してみましょう。

 

これに関しては やりたいことリスト

という本に詳しく書いてありますので、

気になる方は読んでみてください。

 

 

 

マイナスのモチベーションを知る

続いてマイナスのモチベーションを見ていきましょう。

マイナスのモチベーションとは、

なりたくない という感情です。

 

同僚に負けたくない。

以前の職場には戻りたくない。

かっこ悪い自分にはなりたくない。

家族との時間が取れない人生にはしたくない。 etc…

 

 

プラスのモチベーション同様にできる限り書いていきましょう。

 

満員電車には乗りたくない。

スーツを着たくない。

 

といった感情も書いてみることです。

 

意外と自分の大事にしていることが見えてきますよ。

 

 

書き出すのは面倒!!と思っても

一度試してみてください!

 

自分のためですので^ – ^

 

見えてきた感情をまとめる

 

プラスとマイナスのモチベーションが出ましたか?

では一枚の紙に書き出して見てください・

 

プラスのモチベーションを見て思うことは

「どうやったら今の仕事を通して、

プラスのモチベーションに近づくことができるだろうか」

マイナスのモチベーションは

こうならないように頑張ってみよう

です。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

モチベーションを維持するためには、

 

なぜ今の仕事をしているかを明確にする 

自分のプラスのモチベーションを知る

自分のマイナスのモチベーションを知る 

ことです。

 

 

個人的なオススメは

 

プラスが80%、マイナスが20%くらいのバランスが一番ちょうどいいと思います!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。