J:COMの契約はクーリングオフできる?費用かけずにキャンセルできるか徹底解説!

 

 

こねこちゃん
昨日JCOMと契約したんだけど、言われてたことと全然違う。。
こねこちゃん
クーリングオフしたいけど、どうやればいいのーーー

 

 

おさる先生
こねこちゃん、焦る気持ちはわかるけど一旦落ち着いて!
おさる先生
今回はクーリングオフについて解説していくよ!

 

J:COMと契約したものの、

様々な事情でクーリングオフしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

今回はクーリングオフができる条件と手順について解説をしていきます。

 

こねこちゃん
あたし、ネット回線のこと全然わからないけど大丈夫かな。。
こねこちゃん
もう早く解約したいよーーーー
おさる先生
大丈夫だよ!
おさる先生
初心者でもわかるように解説していくから
焦らずに最後までついてきてね!
こねこさん
うん!がんばってみる!

 

 

 

いきなりですが、結論から言います。

クーリングオフはタイミング次第です。

 

工事前 クーリングオフ可 費用0円
工事後8日以内 クーリングオフ可  撤去費用がかかる

 

 

 

 

では、この先で詳しく説明していきます!

 

 

J:COMはクーリングオフできる?費用がかかる場合とかからない場合

 

 

J:COMをクーリングオフできる2つの条件

 

まず、クーリングオフするには条件が2つあります。

 

①工事前であること  ②工事後8日以内であること

*工事とは簡単に言うと、J:COMの機械を設置する作業のこと

 

 

工事9日以降になると残念ながらクーリングオフはできません。

9日以降でキャンセルしたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

工事前は電話一本だけでキャンセルできる

 

申込の手続きから工事完了前までの期間であれば、

J:COM窓口に電話一本でキャンセルできます

 

費用はかかりません。

 

 

 

 

 

工事後は書面での手続きが必要になる

 

 

工事が完了している場合、

8日以内であれば書面にてクーリングオフの手続きが必要になります

 

クーリングオフとは、

消費者が訪問販売などの不意打ち的な取引で契約したり、

マルチ商法などの複雑でリスクが高い取引で契約したりした場合に、

一定期間であれば無条件で、一方的に契約を解除できる制度です。

よくあるケースは

契約前に聞いていたことと違う」です。

この場合クーリングオフの対象になります。

 

 

 

 

工事後のクーリングオフは撤去費用のみかかる

 

工事後のクーリングオフでは、

利用料金や解約金はかかりませんが、撤去費用がかかります。

 

クーリングオフの手続きが終わった後に、J:COMの機械を撤去してもらいます。

その際の費用が撤去費用になります。

 

クーリングオフなのにお金かかるの?と思いますが、、

数万円の解約金がかかるよりは安く済ませることができます。。

 

撤去費用の目安はこちらです。

 

 

集合住宅: 2000円

戸建住宅: 2000円〜6000円

 

 

 

 

クーリングオフ前に注意しておきたいこと

 

他のインターネット回線からJ:COMに移行した場合、

元のインターネット回線に戻したいと思う方も多いのではないでしょうか。

ただ、移行元のインターネット回線を解約している場合は、

J:COMの契約をクーリングオフしてから元のサービスを再契約することになるので、

工事費や初期手数料がかかる場合があります。

まだ移行元のインターネット回線を解約していないのであれば、そのまま置いておきましょう。

解約してしまった場合も、

インターネット回線によっては解約をキャンセルできるので、合わせて確認しておきましょう。

 

 

 

工事前のJ:COMクーリングオフ手順

工事前ならJ:COMの窓口に連絡すればキャンセルできる

J:COMを契約してまだサービスの提供が開始されていない場合は、

工事日の2日前までにJ:COMカスタマーセンターに申請すればキャンセル手続きが行えます。

J:COM カスタマーセンター
0120-999-000
営業時間:午前9時から午後18時

 

 

 

 

*工事の前日になってしまった場合は、工事前に担当から電話がきますので、

その際にキャンセルの旨を伝えて工事を行わないよう手配してもらいましょう。

 

 

工事後:J:COMクーリングオフ手順

 

 

まずはJ:COM窓口に電話

 

いきなり書面を書き始める前にJ:COMの窓口に電話をして、クーリングオフの旨を伝えましょう。

「書面が8日以内に間に合わなかった」などのアクシデントに見舞われないようにします。

また、電話をする際は

「電話口の担当者の名前」「電話をした日時」をメモしておきましょう。

今後トラブルになった時に、このメモが証明になりますよ。

 

書面の準備

 

工事が完了してサービスの提供が開始している場合は、

書面でクーリングオフの手続きを行います。

クーリングオフの手続きは書面にて行うルールとなってますので、少し手間ですが我慢です。

なお、クーリングオフで利用する申請書類の書き方は、

国民生活センターのホームページで調べることができます。

国民生活センター クーリングオフ方法解説ページ
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html

 

書類の書き方や手続き方法がわからない場合、

近くの消費生活センターに問い合わせしましょう。

 

 

J:COMの機器を撤去する

 

ここまできたら自宅にあるJ:COMの機器を撤去してもらうだけです。

撤去工事では契約者の立ち会いが必須ですが、日程を指定することができます。

スケジュールに余裕がある日にちに作業してもらいましょう。

 

 

 

 

こねこちゃん
はぁ、よかった。これで安心だね*\(^o^)/*

 

おさる先生
インターネット回線の契約は慎重にやるんだよ!
おさる先生
またわからないことあったらなんでも聞いてね!

 

 

 

 

 

まとめ

 

J:COMの契約をクーリングオフはできますが、タイミングによって費用が変わってきます。

 

工事前は電話一本でキャンセルできますが、

工事後は書面での手続きをしなければなりません。

 

工事9日目以降は解約金もかかってきます。

 

ご自身の、状況に合わせて判断してくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。