おトクな生活

ディズニーシーの混雑状況や開園時間、アトラクション一覧の情報を紹介


ディズニーシーの混雑状況について




ディズニーシーの混雑状況について、まずは曜日別に見ていきましょう。
曜日別では、土曜日が一番混雑しており、続いて日曜日、月曜日と金曜日、
その他の平日の順番で混雑しています。
土日と月曜日か金曜日を組み合わせて遊びに来る人が多いようです。
続いて、月別に見ていきましょう。
・1〜3月
1月〜2月上旬は比較的空いていますが、2月後半から3月末まで大学生が
春休みになるため混雑しています。
・4〜6月
GW期間は混んでいますが、その他の期間は空いています。6月は特に空いています。
・7〜9月
夏休みがあるため全体的に混んでいますが、比較的7月は空いています。
・10〜12月
10月と12月は年間でもトップレベルで混んでいますが、間に挟まれた11月は特にイベントが無いため空いています。




ディズニーシーアトラクション一覧について




続いてディズニーシーの各エリアと主要なアトラクションをご紹介します。
・メディテレー二アンハーバー
南ヨーロッパの港町をイメージしたエリアで、パークに入場して最初に訪れる場所です。ディズニーシー・トランジットスチーマーラインやヴェネツィアン・ゴンドラなど水上からいつもと違ったパーク内を見ることができます。
・アメリカンウォーターフロント
ニューヨークとケープコッド、アメリカの2つの港町をイメージしたエリアです。
トイ・ストーリー・マニア!やタートル・トークなど、人気映画のキャラクターに会えるアトラクションがあります。また、人気の絶叫アトラクションのタワー・オブ・テラーもあります。
・ポートディスカバリー
自然と科学が融合した近未来的なエリアです。
アクアトピアやニモ&フレンズ・シーライダーなど海を身近に体感できるアトラクションがあります。
・ロストリバーデルタ
アメリカのジャングルをイメージしたエリアで、古代遺跡が並んでいます。
インディ・ジョーンズR・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮では探検家となって宝探しの冒険に出ることができます。
・アラビアンコースト
映画「アラジン」をイメージしたアラビアンナイトの世界です。
マジックランプシアターではランプの精ジーニーによるマジックショーを体感できます。
・マーメイドラグーン
海底をイメージしたエリアで、たくさんの海の仲間たちと出会うことができます。
マーメイドラグーンシアター キング・トリトンのコンサートやフランダーのフライングフィッシュコースターなどリトルマーメードの世界に浸ることができます。
・ミステリアスアイランド
火山の凹地にある科学研究所があるエリアです。
地底走行車で探検するセンター・オブ・ジ・アースではハプニングが起こり、スリルを楽しめます。




ディズニーシーの開園時間について




次にディズニーシーの開園時間について見ていきます。
・曜日や長期休暇ごとの開園時間
土日祝日、長期休暇は基本的に8時開園です。平日は9時開園の日が多いです。
閉園時間は1年通して22時です。稀に企業の貸切などイベントがある時は、18時30分閉園なので、注意が必要です。
・通常よりも早く入園するには?
ディズニーホテル宿泊者限定で、「ハッピー15エントリー」という特典があります。
宿泊日翌日のご利用のみですが、通常の開園時間よりも15分早く入場することができ、 一足早くアトラクションを楽しむことができます。
さらにホテルミラコスタに宿泊予定の方は、宿泊日当日もミラコスタ内の専用ゲートから早く入園することができます。
しかし、入れるエリアが限られているので注意が必要です。




ディズニーシーリアルタイムの混雑を確認する方法について




最後に、リアルタイムの混雑状況の確認方法について、お伝えします。
・ネット上で確認する方法
Web上で、「ディズニーリアル」と検索するとリアルタイムでのアトラクションやレストランの待ち時間を知ることができます。
さらに、ショーやっパレードの運営状況も見ることができます。
・スマホアプリで確認する方法
スマホアプリでも確認することができます。「Tokyo Disney Resort App」というアプリでは、上記と同様にリアルタイムでのアトラクションの混雑状況を知れる他、 ショーの抽選も行うことができます。待ち時間はマップ上に表示されるため非常にわかりやすいです。