糖質制限ダイエット。
様々なメディアでも取り上げられ誰もが知っている言葉となりましたが果たしてその効果は?
今更聞きづらいけどどうやってやればいいの?効果はあるの?リバウンドはしないの?




糖質制限ダイエットのメリットデメリット、その効果の程をリサーチしました。




「そもそも糖質制限ダイエットってなに」




あまりにも有名になってしまったとはいえその内容をきちんと知っている人はまだまだ少ないかもしれません。




あまりにも有名になってしまったとはいえその内容をきちんと知っている人はまだまだ少ないかもしれません。




その定義とは~




・糖質の多い食品。主にパン、白米、麺類、菓子、白砂糖など精製された糖質の摂取は極力控える




基本のルールはこれだけです。
従来のダイエットから大きく違うのは「油もの、マヨネーズ等はOK!」な点。
カロリーの事は頭の片隅にチラッと置いておくだけでOKなんですね。




むしろ糖質ダイエット中はタンパク質や脂質は積極的に摂るよう推奨されます(常識の範囲内ですが)




もっと細かくルールを挙げてみますと




・牛乳は控え豆乳等に置き換える
・果物は避ける。ドライフルーツも不可(ナッツ類はOK)




等細かいルールも存在しますが、どの程度本気なのかにより採用されるルールはそれぞれ。
実際糖質の事を考えて食事をしてみると、普段から多くの糖質を摂っていた事に驚く方も多いようです。

ダイエット目的以外にも、普段の食生活を見直す機会としてはいいですし、とりあえずやってみるのハードルは低いと言えます。




「デメリットとメリット」




以上の点から糖質制限ダイエットのメリットは…?




・カロリー計算の必要が特にない!


かといって鶏のから揚げや天ぷらに甘ダレかけて山盛り!なんて食べ方はしないでくださいね。




あくまで、カロリーの事はちょっと気にしておくくらいでOKです










・肉類が食べられる!
牛肩ロースは266gあたり糖質0.5g。豚ロースは25gあたり糖質0.1gと、普段から私達のエネルギーに重要な動物性蛋白質は糖質がとても低いです。




むしろ日々のエネルギーの為、糖質オフダイエット中には積極的に摂取したい食材です。




ステーキや焼き肉が大好きな人でも十分続けられます(ただしステーキソースや焼肉のタレには糖質がたっぷり含まれている事が多いため注意が必要です)













・おやつも我慢しなくていい!(ただし種類は限定される)


おやつが大好き。間食しないなんて無理。そんな方にも糖質制限ダイエットは向いていると言えます。







なぜなら糖質制限が浸透してきた昨今、スーパーやコンビニでは糖質オフな食材が様々取り扱われるようになったからです。
特にローソンには糖質オフのおやつがよりどりみどり。甘い物を我慢しないで糖質オフ。なんだか不思議ですね。







・リバウンドしにくい


この食生活に慣れると逆に、糖質に溢れていた過去の食生活に戻れなくなるパターンも多いようです。

現代人の食生活は糖質まみれと言えますから、適度な糖質オフはむしろ健康的で、そのまま体型を維持しやすいようです。




・とりあえずやってみるに掛かる費用は0円!


特定のダイエット商品やサプリメント等を購入せず、普段の食生活を見直すだけなのでダイエットに掛かる費用は0円。
しかし・・・




ここでデメリットのお話をしましょう




・糖質オフの食事にはお金が掛かる!


これは意外な盲点です。
私達が普段口にするパンや白米などの炭水化物は、糖質ダイエット中に口にすることはNG。




そしてこれらを抜きにしてお腹を一杯にする。これがなかなか大変なのです。
炭水化物がいかに簡単に、私達のお腹を満たしているかが実感できるでしょう。




・基本的に自炊しなくてはならない




市販されている冷凍食品等にも糖質オフを謳っている商品が増えたものの、実際パッケージの裏を見てみると糖質オフ中にはちょっと…と気にせざるを得ない糖質量である場合も。




糖質量を気にすればする程自炊するしか道はなくなり、糖質量を制限した料理のレパートリーも増やさなければ飽きる。続かない。




忙しい現代人には意外と難しいかもしれません。市販モノのみで糖質オフを実行することはもちろん可能ですがその場合、前項で言ったようにお金が掛かります。
普段の食費の3倍は覚悟しなくてはなりません。




・実は…女性には効果が出るのが遅い(逆に男性には効果は早く出るようです)





これはなぜかと言いますと女性の場合は「皮下脂肪」タイプが多く、男性は「内臓脂肪」タイプが多いからなんです。




糖質オフダイエットでまず効果が出るのは内臓脂肪から。指でつまめるいわゆる「皮下脂肪」には糖質オフダイエットの効果は出辛くゆっくりといえます。




ダイエットで落としたいと願うのって大抵その、指でつまめる脂肪なんですが…
でもこれだけはやはりどんな方法でも、ゆっくりじっくり落とすしかないようです。




いかがでしたでしょうか。

食べる量の制限自体はしない糖質オフダイエット。
カロリー計算が当たり前とされてきたダイエット市場で異彩を放っているのは確かですね。




糖質オフの食生活は適度であればむしろ健康的といえます。ダイエット目的以外でも一度は経験してみるのもいいかもしれませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする