糖質制限ダイエットの強い味方!コンビニで揃う低糖質の食事とは?

世の中にはたくさんのダイエット方法があります。その中でも近年注目されているのが糖質制限ダイエットです。特別な器具やジムなどに通う必要もなく、ほんの少し食生活を見直すだけのダイエットなので、運動する時間がない忙しい方でも取り組める方法です。



では、具体的にどのようにやればいいのか、方法についてとコンビニでも手軽に買えるおすすめ食品について説明していきます。


糖質制限ダイエットのやり方について

その名の通り、糖質の含まれている食品を食べないようにするダイエット法です。



糖質というとお砂糖のような甘いものを想像しがちですが、実は多くの食品に糖質は含まれています。一例として、お米、パン、麺類などの炭水化物や果物、じゃがいも、さつまいも、長いもといったいも類やかぼちゃ、トウモロコシなどの一部の野菜があげれられます。



これらの糖質の多い食べ物を極力摂取しないことがこのダイエット方法においてもっとも重要なことです。



では、何を食べれば良いのかというと、それはタンパク質です。

肉や魚などを中心に食べてください。量に関しては特に制限はありません。お腹いっぱい食べて大丈夫です。




ただし気をつけていただきたいのが、味付けです。照り焼きや煮込み料理などは調味料に糖質が含まれています。また、肉料理でもハンバーグはつなぎにパン粉が使われているので糖質が含まれてしまいます。



もっとも良い食べ方は、肉なら塩胡椒で焼いたステーキや塩味だけの蒸し料理、魚ならお刺身か塩焼きがベストです。焼き魚にお醤油をかけるのは問題ないですが、一見ヘルシーなイメージのポン酢は意外と糖質が高いので控えましょう。



とはいっても完全に糖質を排除するのはなかなか難しいものです。
1食あたりの糖質量は40gまでが推奨されている上限です。つまり1日3回の食事で120gまでなら許容範囲内ということです。



なかなかピンとこない数字ですが、ご飯一膳(100g)の糖質量は約37g、6枚切りの食パン1枚あたり約28gなので、1食あたり40gというのはシビアな数字だと実感いただけたでしょうか。


糖質の量の確認の仕方について

加工食品のパッケージの裏には「栄養成分表」というものが記載されています。エネルギーやたんぱく質、脂質などの項目がありますが、糖質制限中はこの表の「炭水化物」に注目してください。そこに表記されている量が糖質の量です。



生鮮食品にはこの表がありませんので、自分で調べる必要があります。文部科学省の「食品成分データベース」には一般的に食される多くの食材の栄養成分について、かなり詳しく記載されていますので、そちらを参考にしてもよいでしょう。





外食の場合も、大手チェーン店では各メニューの栄養成分についてネット上で公開している場合が多いです。事前に調べて、どのメニューが適しているか確認してから外食する習慣をつけましょう。慣れてくるとどの食材に糖質が多く含まれているのかあるいは少ないのか、だんだんわかってきます。それまでは少し手間ですが、必ず調べるようにしてください。


コンビニで買えるお手軽低糖質食品について

自炊で糖質を減らすというのは、料理のバリエーションがかなり狭まってしまい、毎日の献立を考えるのが大変です。そこでおすすめしたいのはコンビニで手軽に買える低糖質食品です。



まずは「サラダチキン」です。



これは今やどこのコンビニでも買えるくらい定番商品になりました。味のバリエーションも豊富で食べ応えがあるので、糖質を抑えつつ満腹感も得られるのでおすすめです。



低糖質生活に飽きてくると食べたくなるのが炭水化物です。

ローソンには「ブランパン」という糖質を抑えたパンが売っているので、どうしても食べたくなったらこれを活用しましょう。



どうしても小腹が空いた時に欲しくなるのが「おやつ」です。

糖質制限ダイエットではカロリーは気にしなくて良いので、おやつだって食べることができます。だからと言って何を食べてもいいわけではありません。おやつも糖質の少ないものを選びましょう。おすすめおやつは開きタラなどの魚系のおつまみ、ナッツ類、チーズなどです。



その他、コンビニにも一般的なものより若干割高ですが、低糖質のアイスクリームやビスケット、パンケーキなどのおやつが売っているのでそれを活用しましょう。


糖質制限ダイエットのをより効果的にする方法について

可能ならば、軽い筋トレも併用するとより効果は実感できます。






自宅でテレビを見ながら腹筋運動やスクワットをする程度で十分です。



筋トレをする暇がないという方は、なるべく階段を使う、歩くときは早歩きをする、猫背にならないように背筋を伸ばした姿勢を意識するというような、日常生活の中でちょっと筋肉を使うことを意識してください。





糖質制限ダイエットは体重は確実に落ちますが、脂肪とともに筋肉の量も減ってしまいます。



鍛える、というよりも今ある筋肉を維持するというくらいの意識で無理をせず、続けられる範囲で行ってみましょう。


まとめ

糖質制限ダイエットは効果を実感するまでの期間が早いダイエット方法です。

初めはどんなものを食べて良いのか、戸惑うことも多いと思いますが、慣れれば食品のチョイスも難しくありません。

引き締まった理想のスタイルを目指して頑張ってください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする