これならできる!!糖質制限中の手作りおやつのヒント

糖質制限ダイエットと聞くと、我慢しなければいけない、おやつなんて全く食べれない、というイメージがあります。



もちろんおやつに良く使われている小麦粉には、糖質が多く含まれています。ですが、だからといって



お菓子を食べることが出来ないというわけではありません。



糖質の高い食品に代わる低糖質食品を使用しておやつを選ぶと、糖質制限ダイエット中でも、おやつを食べることが出来ます。今回はその低糖質食品を使った手作りおやつについてまとめてみました。


◼簡単!糖質制限炊飯器ケーキ

炊飯器でケーキを作ることが出来るということはご存知でしょうか?



冒頭に申し上げましたように、通常のケーキで良く使われている小麦粉にはたくさんの糖質が含まれています。そこで、この糖質制限炊飯器ケーキでは

小麦粉の代わりにおからを使います。






おから100gに対して含まれている糖質は2.3gです。



例えば小麦粉でパンケーキを作った場合、1人前小麦粉70gあたり糖質が30gも含まれています。



ところが、その小麦粉の代わりにおから粉を使ってパンケーキを作ると、糖質の含有量は5.9gになります。なんと24.1gも減少するのです!



おからそのものを使用するとパサパサした仕上がりになってしまう可能性がありますが、おから粉もしくはおからパウダーを使っていただければ、生地もだまにならずに美味しいケーキを作ることが出来るでしょう。



炊飯器ケーキは材料を入れて炊飯するだけと、とても簡単です。ぜひ自分だけのオリジナルレシピを作ってみましょう.


◼糖質ゼロの甘味料

糖質制限ダイエット中の方の強い味方として、糖質が含まれていない甘味料があります。



例えダイエット中でも甘いおやつが食べたいはず。そんな時にぜひ使ってほしい調味料です。ちょっとコーヒーや紅茶に入れたりするだけでも、身体に糖分を補給することが出来ます。



糖分を我慢しすぎると身体が危険信号を発して、カロリーの吸収率が上がってしまいます。



極度の飢餓状態まで追い込むことは、リバウンドの原因にもなることがあります。甘いものが欲しいなと感じた時は、こういった低糖質な甘味料を使うようにしましょう。


◼何にでも溶け込む!豆腐でスイーツ作り

低糖質なおやつを作る時に使ってほしい食品が、まだあります。味の主張がなく、他のものに馴染みやすい、豆腐です。




ハンバーグなどでつなぎとして使われることもあるように、他の食材との馴染みが凄く良いのが豆腐の良いところです。



ケーキやマフィンなどの焼き菓子を始め、ムースや団子など、その使い途は幅広く、多様な姿に変身出来ます。また味もそこまで濃いものではないので、他の食材の味を負かすということはありません。



豆腐そのものが苦手な方にとっては豆腐の味を感じてしまうかもしれませんが、ほとんどの人が豆腐がおやつの中に入っていることに気付かないでしょう。それくらい、豆腐スイーツの可能性は無限大なのです。


◼低糖質ヨーグルトで腸も整える

ダイエット全般で大事になってくるのが、身体の各部位が健康で正常に活動してくれているということです。腸が汚い人は太りやすくて痩せにくい、とまで言われています。また、便秘解消にもいいので糖質制限ダイエットを抜きにしても、ヨーグルトは本当におすすめです。




中にはたくさん砂糖を使っていて糖質の含有量が高いヨーグルトもあります。しっかりと低糖質ヨーグルトを選んでおやつにしましょう。糖質ゼロ甘味料と組み合わせても良いかもしれませんね。

◼手軽に食べることが出来るナッツで低糖質生活

小さくて食べごたえのあるナッツは、糖質制限ダイエット中にもおすすめのおやつです。


袋に入れて持ち運びが出来て、小腹が空いたときに簡単に食べることが出来るのが魅力ですね。



ナッツにはビタミンEも多く含まれています。オメガ酸やオレイン酸などの栄養が多く含まれているナッツを選ぶと、より良いです。ただしナッツは栄養かが高い分カロリーも高いので、なるべく食塩や植物油不使用のものを選ぶようにしましょう。



素焼きのアーモンドやクルミがおすすめです。また、ナッツでも糖質が高いものもあります。低糖質だから大丈夫と安心して食べていたら違った…ということになる可能性もありますので、おやつを選ぶ際はしっかりと成分表の確認をしましょう。


まとめ

5つの低糖質おやつをご紹介いたしましたが、気になるおやつはありましたでしょうか。



今回ご紹介したおやつはそのまま食べることも出来ますし、組み合わせて新しいおやつを作ることも出来ます。



ヨーグルトとおからでケーキを作ったり、ナッツと豆腐でクッキーを焼いてみたり。手作りおやつの良いところは、作る行程があるというところです。



自分で食べるおやつを自分で作ることで、空腹の気をまぎらわせる事も出来ますし、調理中だけでも間食をストップさせることが出来ます。糖質の含有量を調べて自覚することで、日頃の間食の回数も減るかもしれませんね。楽しくダイエットをするために、まずは自分に合った手作りおやつを探してみましょう。



手作りもいいけど、ネットで手軽に買いたい!という時はこちらの記事をどうぞ!

高レビューまとめ!Amazonで買えるおすすめ糖質制限おやつ!7選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする