糖質制限は本当に危険なの? 糖質制限が危険なのは嘘だった。

糖質制限ダイエットは、食事制限によってその効果を数日で実感出来ますが、本当に効果を得る事が出来るのは



身体の中に蓄積された脂肪の燃焼が始まってから



と言われております。



しかし、この糖質制限ダイエットは方法を間違えると、ご自身の身体に悪影響を与える場合が有ります。



そこで、糖質制限ダイエットの方法や、ダイエット期間中の食事等の注意点について調べて見ましょう。


【糖質制限ダイエットとは】

糖質制限ダイエットとは、

一般的にはご飯や麺類等の炭水化物に多く含まれる糖質の摂取量を減らし、私達の身体を動かす為のエネルギーとして体内に蓄積された脂肪を使い、その結果としてダイエット効果を得る方法です。



その為、この糖質制限ダイエットを行うには食事制限が付き物となり、この期間中には摂取を抑える必要が有る食材等が有ります。



又、食事制限を行う事によって1日の摂取カロリーが減る為、1週間に1kgの減量等の目標設定も重要で、無理な食事制限等によっては体調不良等を招いてしまう事も有ります。


【糖質制限ダイエット時の食事について】

糖質制限ダイエットを行う場合、食材として適している物や適していない物等を理解しておく事が大切です。そこで糖質制限ダイエットの期間中に摂って良い食材、注意が必要な食材を調べて見ましょう。



先ず摂っても良い食材としては、

卵白

ヒレ肉

鶏のササミ肉、魚等の動物性タンパク質



ですが、いずれの食材も脂質が少ない物です。



キノコ類

大豆食品

海草類

もお薦めと言えます。






又、野菜類で特にお薦めなのは

ブロッコリー

カリフラワー、

葉物野菜全般

はお薦めの食材と言えます。



一方、摂取を控える食材としては、

ご飯やパン、

麺類等の炭水化物、

揚げ物等の

脂質を多く含む食品


で、この中にはスナック菓子類等も含まれます。



又、身体には良いとされる乳製品も脂質が多い為注意が必要です。更に糖質が以外と多く含まれる果物、大豆以外の豆類等にも注意が必要になります。



飲料として注意して起きたのが野菜ジュースやトマトジュース等です。一見身体には良さそうなイメージが有りますが、これらの飲料では砂糖等の糖質が加えられている物も有るので注意が必要になります。



更に、スポーツドリンクにはブドウ糖が多く含まれている場合が有る為、糖質制限ダイエットの期間中は控える様にしましょう。


【糖質制限ダイエットの危険性】

糖質制限ダイエットを行う場合、誤った理解で糖質制限ダイエットを行ってしまうと身体に思わぬ危険性が有る事を理解しておく事が大切です。





糖質制限ダイエットは、肥満の原因でるとされる糖質や炭水化物等の摂取量を減らしダイエット効果を得ますが、この糖質や炭水化物は私達の身体には無くてはならない栄養素です。





その為、特にスポーツ選手やトレーニングを行っている人が間違えた理解で摂取量を減らしてしまうと、集中力の低下や持久力の低下、ケガや疲労回復の遅れ等を招いてしまう場合が有ります。





又、一般の人が理解せずに糖質制限ダイエットを行った場合でも、長期的な糖質制限によって慢性的なめまいや頭痛等の症状、筋肉量の減少を招いてしまいます。





更に、減量する事を意識し過ぎてしまい食事量その物を減らし過ぎてしまい摂食障害を起こしてしまうケースや、糖質以外で有れば何でも食べたいだけ食べてしまい肉類等のタンパク質の摂取カロリーオーバーを起こしてしまうケース、更に肉類等の過剰摂取に伴いコレステロール量の増加に伴う動脈硬化や高コレステロール血症等の循環器系の疾患を発症してしまうケースも見られます。


【糖質制限ダイエットに取り組む際の注意点】

糖質制限ダイエットについては、その効果の実証性等に疑問を持つ声も多く聞かれ、

糖質制限ダイエットの効果が嘘 の様な口コミ等も多く見られます。





しかし、正しい糖質制限ダイエット法を理解する事で安全にダイエットの効果を得る事が出来、糖質制限ダイエットが嘘では無い事を理解しておく事がとても重要です。





そこで糖質制限ダイエットを行う場合には次の点に注意しながら取り組みましょう。





先ず、糖質制限のポイントと言える食事制限は、食事制限を始めてから3日から5日経過後から身体の脂肪燃焼モードに切り替わる事を理解しておく事が大切です。





この最初の3日から5日間は体内の糖質をエネルギーに替え活動しておりますが、この3日から5日以降は、身体の中に蓄積された中性脂肪等を分解しエネルギーとして使われ始めます。その為、この最初の3日から5日の期間中は糖質の摂取を行わない事が大切です。



次に糖質制限ダイエットと合わせトレーニングによる筋肉量の維持も大切です。この場合のトレーニングは、専門知識を持ったトレーナー等の指導を得ながら進める事が大切です。又、ダイエット期間中は食事制限等によりストレスを感じ易くなります。その為、ダイエット休暇等を設け、10日に1回位の割合で好きな物を食べてストレスを溜め込まない工夫が必要です。

【まとめ】

糖質制限ダイエットは、その方法をきちんと理解しておく事で、身体へ影響を与える事無くダイエット効果を実感する事が出来ます。特にダイエット期間中の食事と、トレーニングを並行して行う事でよりダイエット効果を得る事が出来ます。是非、糖質制限ダイエットをきちんと理解し取り組んで見ては如何でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする