ダイエットの天敵! 便秘の解消法とは?

肥満気味になったからとダイエットをする人が少なくありません。ダイエットの方法としてよく採られる手段に「糖質制限」があります。



ところが、糖質制限のダイエットをしていると、便秘に悩まされる人が少なくありません。



今回は糖質制限ダイエットの停滞を招いてしまうかもしれない「便秘」についてお伝えします。


糖質制限ダイエットの効果とは?

糖質制限ダイエットとはその言葉通り、糖質の摂取量を減らすことです。



糖質とは炭水化物

(主にコメ、パン、麺類などの主食に含まれる)






から食物繊維を除いた部分をのことを言います。



糖質は本来、運動だけではなく、脳や内臓などの活動に必要なエネルギー源となるものであり、生命の維持に必須の栄養素です。





しかし、糖質を多く摂りすぎるとエネルギーとして消費しきれずに、肥満の基になる

中性脂肪に変わります。

糖質を制限する理由には主に以下があります。


1.インスリンの分泌の抑制
糖質を摂りすぎると、血液の中で血糖値が上がります。すると、体内でインスリンの分泌が促進されます。インスリンとは血糖値を下げる役割をするホルモンの一種です。



血糖値が正常の値であれば、インスリンが多量に分泌されることはありません。しかし、お菓子やご飯、パンなどの糖質を含む食べ物を多く摂取すると血糖値が上昇することで、インスリンが過剰に分泌されます。



インスリンが分泌されると、代謝し切れなかった血中の糖分が中性脂肪に変えられ、

体の中に貯め込まれるようになります。



つまり、インスリンの分泌を抑えれば中性脂肪の蓄積を防止でき、肥満にならずに済みます。


2.体内の中性脂肪をエネルギー源に変換
糖質の摂取量を抑えれば、体内に蓄積されていた中性脂肪が分解され、エネルギーに変換されることで痩せる効果を得られます。




糖質制限で便秘? 便秘にいい食べ物とは?

糖質制限によるダイエットで便秘が起こりがちになるのは、排泄に役立つ食物繊維の量が減少するからです。食物繊維はパンや米に多く含まれており、肉や卵、乳製品にはほとんどありません。



糖質制限ダイエット時に食べていいもの・いけないもの!



従って、

糖質制限の代わりに肉食品や卵食品を摂っても、

食物繊維は満たされません。



食物繊維を多く含む食事を摂ると、排泄に適した良い便が作られやすくなります。





便の量を増して腸の働きを活発にするには、



豆類

イモ類

キノコ類

などに含まれる不溶性食物繊維が役立ちます。








一方、

便をやわらかくし、腸内環境を整えるには、



ごぼう

リンゴ・バナナなどの果物

えんどう豆

こんにゃく




などに含まれる水溶性食物繊維が有効的です。



特に、水溶性の食物繊維は善玉菌のエサになるという効果もあります



善玉菌によって水溶性食物繊維が発酵されることで、腸内環境を良好に保つ物質が生成されます。それによって、悪玉菌の増殖が抑えられるという好循環が生まれます。

糖質制限は体に良い排泄機能を促す食物繊維を減少させます。


効果的な便秘の解消法とは?

便秘の解消法として効果的なのが、

乳酸菌サプリの摂取です。



ヨーグルトが糖質制限ダイエットに有効と言われるのは、乳酸菌が含まれているからです。

ただ、ヨーグルトの中にも糖質の含まれているものがあることから、乳酸菌のみを摂取できるサプリの方が乳酸菌の効果を生かせます。


便秘を解消してくれる乳酸菌の効果とは?

乳酸菌とは俗に言う善玉菌のことであり、糖質や食物繊維から乳酸を作り出し、腸内環境を弱酸性に保つ働きをします。



逆に、悪玉菌はたんぱく質から毒性物質を作り出し、腸内をアルカリ性にします。



従って、サプリの摂取によって乳酸菌が増えると腸内の弱酸性を維持できるようになり、アルカリ性を好む悪玉菌の増殖を抑制できます。結果的に、有害物質の発生も防止できます。



また、外から体内に侵入してくる細菌のほとんどは酸性を苦手としているため、細菌による体内への悪影響を阻止できます。



ちなみに、乳酸菌というのは乳酸菌という種類の菌があるわけではなく、腸内で多くの乳酸を生成するもののことを乳酸菌と呼んでいます。



乳酸菌の働きは多岐にわたっており、以下のような効果をもたらします。


1.ダイエット効果
食事によって体内に入った糖質は通常、エネルギーとして代謝されますが、

必要量を過ぎると中性脂肪として蓄積されてしまいます。



特に、糖質は脂質と違って瞬間的なエネルギーに使われる量が少ないため、簡単に代謝されることがありません。



乳酸菌は小腸にあって脂質や糖質の吸収を抑えて排出を促進する働きがあり、それがダイエットに繋がります。


2.便秘の解消と予防
腸内で悪玉菌が増えると腸内環境が悪化することで、老廃物を排泄するための腸のぜん動活動が低下し、腐敗物が溜まりやすくなります。



腐敗物が溜まると、悪玉菌がさらに増えるというスパイラルに陥り、それが便秘を引起します。逆に、乳酸菌が多くなれば腸のぜん動活動を活性化し、排泄が促進されます。



これが、乳酸菌の摂取が便秘の改善になるという所以です。


3.免疫の強化
人の体には免疫作用があり、免疫細胞が細菌の攻撃から体を守ります。そして、免疫細胞の約70%が腸内にあります。

乳酸菌によって腸内環境が良好に保てれば、体全体の健康を守ることにもなります。


まとめ

糖質制限ダイエットをしていても、バランスよく食事を取らないと便秘になってしまい、その効果が身体に反映されにくくなってしまうだけでなく、身体への悪影響も及ぼします。



サプリなども使いながら、便秘を解消しつつ糖質ダイエットの効果を高めて健康な身体へとなっていきましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする