【ブログ初心者向け】ブログで疲れたらこの本を読め!一万円起業

ブログを始めたけど

「何を書いていいかわからない」

「ジャンル選びもうまくできない」

「周りで稼いでいる人たちが羨ましい」

 

ブログ始めた当初ってこんな気持ちになりませんか?

 

そんな方に悩みを吹っ飛ばしてくれるオススメな本があります。

 

1万円起業

クレスギレボー著 本田直之監修

本田直之さんは以前に別の記事でも紹介しました。

「読書が苦手な人必見」読書のイメージを180度変えてくれた一冊

ノマドワーカーを代表する起業家さんですね!

 

この本を手に取った背景

 

僕はブログを立ち上げていました。

元手がかからずに始められてお金が稼げるのはいい という単純な理由です。

いざ、ブログを書いてみようとするも

「何を書けばいいかわからない」

「とりあえず30記事ほど書いてみたものの、アクセスは伸びない。」

ツイッターを見ていると

「ジャンルを絞ったほうがいい」

「自分の好きなことを書くといい」

など、稼いでいる人がいろんなこと言っててどれを信じればいいかもわからない。

 

考えれば考えるほどよくわからなくなってきて、だんだん「才能がある人だから成功できたんでしょ」と自己嫌悪になっていました。

 

そんな時にふと、ブックオフに立ち寄った時に出会ったのが本書でした。

 

以下では本の内容と僕の感想を交えてお伝えしていきます。

 

ブログで稼ぐは起業

 

ブログで稼ぐ=副業、お小遣い稼ぎ ではなく

ブログで稼ぐ=起業している

 

とTwitterで著名人がつぶやいていました。

 

ブログで稼ぐことも起業と一緒。なるほど!確かにそうだなと思い、

ブログ=起業 という気持ちがどこかにありました。

 

ただ、起業と聞くとハードルが高いように思えてしまいます。

「起業は優秀な人がやっている」

「頭が良くないとできない」

「自分にはそんな才能がない」と思っていた時に読んだこと言葉が以下の言葉でした。

 

生まれながらの一匹狼でなくてもいい。

 

僕はもともと起業したい思っていたわけではなく、

やりたいことを考えた結果が起業だった。

 

起業って聞くと優秀な人がやるイメージありませんか?

人とは違う発想をしていて、行動力も発想力もずば抜けているスーパーマン。

僕の起業家のイメージです。

 

ただ、この本でいうマイクロ起業(小さな起業)であれば特に才能はいらないとのことなんです。

マイクロ起業とは、売り上げが500万/月、自分一人か少数で行うようなビジネスです。

これ以下でも、ブログのような自分で稼ぐことはマイクロ起業になります。

 

起業家にはなれないと思っていた僕は、この言葉で少し気が楽になりました。

 

 

誰かの模倣から始める

 

小さなアパートの一室で、これまで他人がしてきたことを分析し、成功例を模倣することから始めた。

 

僕は発想が出るタイプではなく、正直新しいことをやるのは得意ではありません。

発想が出なくても誰かの真似をすればいい。

むしろ真似した人が成功していると聞いて安心をしました。

 

 

 

あなたがやってきたことには必ず別の使い道がある

 

ブログのジャンルが決まらない」自分の好きなことも「得意なこともない

と思っている方もいるとおもいます。

 

「あなたがやってきたことには必ず別の使い道がある」

 

例えば、サラリーマンで営業をやってきて向いてなくて転職をして事務関係の仕事をしているのであれば、

 

営業から事務に転職して経験 と その時の感情

 

はあなただけのものです。

同じ経験をしてさらにすごい人もいるかもしれませんが、世の中すごくなりたい人だけでもありません。

似た境遇の人からすると、勇気付けられることもあるでしょう。

 

あなたの経験 → 他の人に教える ことが使い道になっています。

 

 

僕は自分のやってきたことに自信があまりなく、

「他でもっとすごい人はたくさんいる」

「成果も特に残せなかったから」

と思ってました・

 

自分の経験は他の使い道があると知って、少し自信が持てました。

 

自分に自信がなくなった時に言ってあげてください。

 

「そんな俺(私)だからこそできることがある!」

 

 

人が望んでいるものを先に突き止める

 

ビジネスを始める最も難しいやり方は自分の思いつきが顧客の心をつかめるかどうか心配し、迷いを抱えたまま進むことだろう。逆に最も簡単な方法は、人が何を望んでいるのかを先に突き止め、それを提供する手段を見つけることだ。

 

 

僕がブログをやっていて苦痛だったのは、「これでうまくいくのかな?」と迷いながら行動している時でした。迷いながらやっているとだんだん記事が書けなくなり、自己嫌悪に陥っていくんですよね。

 

ただ、上記の言葉を見てハッとしました。

僕は自分の思いつきで行動しているから不安だったんだと。

 

人が何を望んているかから考えようと発想を切り替えたところ、記事がかけるようになりました。相手が悩んでいることをできり限り寄り添って解決する、スタンスになると気持ち良く記事も書けます。

 

ちなみに悩みは

ヤフー知恵袋や教えてGooなどで見てました。

 

書いてある悩みに自分だったらどう答えるか考えて、書いていくと話し言葉のように書けます。

もし参考になればやってみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、一万円起業の中のほんの一部の抜粋して書きました。

 

ブログをどう書けばいいかわからない、

記事が書けなくなったという人は是非手にとって読んでみてください!

 

たった数百円の投資が、あなたの未来の何万円、何十万に変わるかもしれません。

迷ったら即行動しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。