代理店ビジネスの落とし穴!?契約時に注意すべき3つのポイント

代理店説明会に行ったら業務委託契約書が送られてきた!

サインしていいの?

 

 

 

 

 

そもそも業務委託契約とは

 

 

業務委託とは、企業と雇用関係のない外部の企業もしくは個人が仕事を引き受ける契約形態のことを言います。業務内容、費用、期限などを事前に取り決め契約を行った上で、業務を進めていきます。

引用:kuguru

 

仕事を始める時には必ず 契約 を結びます。

 

社員の場合は雇用契約でして、代理店契約の場合は業務委託契約になります。

*契約の詳しい違いは以下を参考にしてください。

 

 

 

契約を結ぶのはわかったけど、内容が複雑すぎてよくわからない…

とりあえず、名前書いて印鑑を押せばいいの?

 

 

絶対にやめてください!

 

 

契約書を理解していないと後でトラブルの元になります!

 

以下では、代理店ビジネスで未経験から2億円売りあげた僕が、その経験から契約時に押さえておくべきポイントを解説していきます!!

 

 

 

 

目次
そもそも代理店とは?

代理店ビジネスの主なメリット

代理店ビジネスの主なデメリット

結論

 

 

支払いサイト

支払い条件とは、お金をもらえるがもらえる条件 です。
僕の経験をお伝えしますと、僕は昔インターネット回線の代理店をしていたことがあります。フレッツ光やソフトバンク光などのアレです。

 

インターネット回線の代理店の場合、支払い条件は【設置完了】になります。

 

少し説明させていただくと、

インターネットというのは、契約してもすぐに使えるようにはなりません。

後日、モデムという箱型の機械の自宅に設置するんですね。

モデムを設置して初めて、 契約 となります。

 

 

え〜、でも申込書を書いてもらったら100%設置にならないんですか?

 

なりません!人間誰しも様々な事情があります。

「もっといいのが見つかった!」

「急に入院することになってしまって、、、」

「転勤することになりました」

様々な理由でキャンセルになります。お客様の都合なので仕方ないことではありますが、代理店初心者の僕には死活問題でした。

 

あらかじめ、支払い条件を確認し

どうなったら支払いが行われるのか

必ず確認してくださいね!

 

 

戻入

支払いの期間のことを言います。

 

上記のインタンーネット回線の代理店の際は

当月締め翌月末払いでした。

 

できるだけ、締め日から支払いが早い方がいいです。

 

「今日働いた分は来月末に払うから」

「今日働いた分は半年後に払うから」

 

どちらがいいかは一目瞭然ですね。

 

まれに、代理店スタート時の厳しさをわかってくれる会社は特別に週払いなど柔軟に行ってくれるケースもあります。交渉してみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

戻入

戻入とは

 

元に戻し入れること。 特に、一度支出された歳出が、過払いなどの理由によって元の歳出予算に戻されること。 もどしいれ。

 

引用:コトバンク

 

 

一度もらったお金をなんらかの理由で、返さないといけなくなるのが戻入です。

 

戻入対象が 半年〜一年のケースが殆どです。

 

戻入対象が一年とは、一年間にもらったお金を返してくれと言われるようなものです。

 

多くの場合、すでに使ってしまっていて残ってません。。。

 

戻入になっても問題ないよう一定額の資金は残しておくようにしましょう!

 

ちなみに、僕が取引していた会社の戻入期間は半年でした。

ただ同じ業界でも戻入期間が、半年の会社もあれば一年の会社もありました。

 

業種が決まればいくつかの会社から資料請求することをお勧めします!!

 

 

 

結論

 

契約事項は慎重に行いましょう!

知らないことが一番のリスクです!たくさんの会社を比較して一番対応の良い会社と取引しましょう!!!

 

 

 

 

僕の経験で知っておけばよかったと思ったことを書きました。

 

知らないことが一番のリスク!

知ることさえできればあとは対処するだけです!!

 

ぜひ、代理店起業の一歩目を踏み出してください!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。