他人が羨ましいと思った時に知っておいて欲しいこと

「あの人が羨ましい」

「違う会社だったら」

と思うことありますよね。

誰しも隣の芝生が青く見えるもの。

 

羨ましくなった時に知っておいて欲しいことをまとめました。

 

なぜ羨ましくなるのか

 

羨ましいのは比較するから

 

例えば、こんな感じ。

 

モテる人が羨ましい → 自分はモテてない

お金持ちが羨ましい → 自分はお金持ちじゃない

 

このように自分がうまくいってない時に、うまくいっている人をみると羨ましく思います。

 

できない自分 と できている誰か。 を比較して

羨ましいと感じるのです。

 

羨ましいのは本気になっていないだけ

 

一つ断言しておくのが、羨ましいと思っている時は目の前のことの本気じゃないです。

目の前のことに集中している時はそんなことも考える暇がないのです。

 

もっと言うと、

目の前に集中していない自分、集中してみたけど結果が出ていない自分を

 

を正当化しているだけです。

 

「あの人はもともと才能があったんだよ」

→ 「だから自分はできなくても仕方ない」

 

「あの人は。親が金持ちだから」

→ 「だから自分はお金持ちになれなくて仕方がない」

 

そんなこと考えている暇があったら、今できることを進めるべきです・

 

隣の芝生は青く見える

 

人間誰しも隣の芝生は青く見えます。

隣の芝生は青く見えちゃうのです。

 

それは、普通 に変わるからです。

 

彼女がいなかった時 → 彼女がいる人が羨ましい

彼女ができる → もっと可愛い彼女がいる人が羨ましい

 

となるのは、その状態が当たり前に変わるからです。

 

どんな状態になってももっと欲しくなるのが人間の性なんです。

 

 

羨ましく思った時に知っておいて欲しいこと

 

羨ましいのは自分だけじゃない

少し自分の話をすると、

僕は新卒で企業をしまして、3年ほど社長をやっていました。

周りからは、「自由にやっていていいよな」と言われてましたが、

僕の中では不安感だれけでした。

 

企業に勤めている人がすごく羨ましい時もありました。。

福利厚生があって、給料もあって、友達とも遊べる。。

 

一方の僕は、来月・来年が不安。心配ごとだらけで遊んでいても気が気じゃない。社員からの目を常に気にしているなど。

さらには、周りにはすごい人がたくさんいて、できない自分を情けなく思うことも多々ありました。

 

そういう時に限って、自分より出来ている人が自分に行ってくるんですよね。

 

「お前そんなんでいいの?」って。笑

 

ますます他人が羨ましく思ってました。

 

ただ、こういう経験を何度もしているとわかったことがありました。

 

みんな外向きは良さそうだけど内心は

何かしら悩んでいるということdせう。

 

基本、人間は人によく思われたいですから、人には弱みを見せないようにします。

 

ただ心の中では不安があって、周りを羨ましく思う瞬間があります。

 

自分がいいなと思っている人も

誰かをいいなと、羨ましがっているのです。

 

誰かから見たらあなたが羨ましい

自分は人よりも劣っている。

今の仕事に自信が持てない

 

など、羨ましく思っていても

 

誰かから見るとあなたが羨ましいのです。

 

『お前が「死にたい」と言って無駄に過ごした今日は昨日死んだ奴が一生懸命生きたかった明日なんだ』by 藤原基央 BUMP OF CHICKEN

 

この言葉が少し前に聞きましたが、極論言うと

生きているだけでうあらやましいのです。

 

平等なんてありえない

この世の中は、平等なんてことはありません。

 

「お金持ちの家に生まれた。」

 

「顔がイケメン」

 

など、明らかに不平等だと思いませんか?

 

 

 

生まれた瞬間にある程度、手札が決まっています。

カードゲームのトランプみたいなものです。

 

人生の始まり=ゲームの始まりだとすると、

 

家族の資産、頭の良さ、顔つき、体つき

 

など始まった瞬間に手札が決まっています。

 

いわゆる 引きが良かった と呼ばれるアレです。

 

ただ、引きが良いだけでは勝ち続けることはできません。

 

やりつづkていくと引きが悪い時もくるからです。

 

ではどこで勝負の差がついていくかというと、

使いこなす人間次第なのです。

 

人生も同じです。

 

どんなに恵まれていたとしても、恵まれてなかったとしても

使いこなす人間次第でゲームに勝つことができるです。

 

 

 

 

結論

 

羨ましいは一生つきまとう!

 

そんなの考えている時間があれば

今に本気になれ!

 

です!

 

自戒を込めて。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。