【人見知り必見】会話が続かないと克服する3つの方法

「会話が続かない、、、」

仕事でもプライベートでも会話が続かないという方も多いのでじゃないでしょうか?

ここで言う会話とは 雑談 です。

 

初対面の人、取引先、上司、友人・知人など

人が関わる全てのシーンで雑談は求められます。

世の中には話上手で世渡りがうまい人もいます。

話上手は人は雑談で盛り上がるんですよね。

 

僕はもともと人見知りでして、

初対面の人とは会話が5分と続きませんでした。

話すことが決まっていれば少しは話せるけど

雑談になると何を話せばいいかわからなくなってたんですよね。

 

そんな自分を変えようと思い、雑談を勉強したところ

23歳の時には営業で月収70万を稼ぐこともできました。

 

そんな経験から雑談力を上げるコツをお話ししていきたいと思います。

 

 

雑談は生活すべてに応用できる

 

雑談は仕事はもちろんのこと、恋愛、友人関係に共通します。

 

ここで、勘違いして欲しくないのは

 

おしゃべり= 会話上手ではない ことです。

 

上手な雑談とは

「相手が心を開き、あなたと話すと楽しいと思ってもらう」のことです。

 

おしゃべり好きな人では、相手から「うるさい」と思われかねません。

 

上手な雑談には知識がいるのです。

 

 

雑談が上手になると人生が変わる

 

雑談上手は人から好かれます。

 

僕が雑談を意識するようになってから変わったこと

 

 

営業で成果が上がるようになった

異性と会話が盛り上がるようになった

人が親切をしてくれるようになった

プライベートで応援されることが増えた

 

 

様々なことが好転するようになりました。

 

人見知り必見!会話できない必要な3つの考え方

 

では雑談を上手になるにはどのようにすればいいでしょうか。

以下では3つの方法を紹介していきます。

 

 

質問上手になる

 

まず第一に質問上手になることです。

人間は話を聞くよりも話をしたい生き物です。

聞き役に徹すると雑談力がぐんと上がります。

ただし、黙っていて相手が話をしてくれるわけではありません。

 

自ら質問をして相手の話を聞きだすのです。

 

必殺技は 「教えてください」 です。

 

仕事を一生懸命やっている人であれば、仕事のことを教えてください。

料理が上手な人であれば、どうしたら料理が上手になるか教えてください。

 

これは多くの本で書いてあることなのですが、実践できている人はほとんどいません。

どんなに自分が優秀だとしても、相手から学べることはたくさんあります。

 

「この人からはどんなことが学べるだろう」と意識するだけで

あなたの雑談力はかなりアップしています。

 

自己開示をする

 

自己開示とは自分のことを話すことです。

自己開示をすると相手も同じくらいの自分の話をしてくれるいう心理が働きます。

 

「実は、昨日好きな子に告白したら振られちゃったんだ」

と話すと

「実は私も最近失恋して、、、」

と自分が恥ずかしいことを話すと相手も同様に話してくれます。

距離がぐっと縮まるんです。

例えば、仕事ができる人に対して

「仕事をができるようになるにはどうすればいいですか?」

よりも

仕事で頑張っているんですけど、なかなか成果が出なくて、、(自己開示)

〇〇さんはどうやって仕事ができるようになったですか?」

 

自己開示をしながら質問をするのです。

 

この、質問と自己開示を組み合わせは最強です

 

 

相手を褒める

 

褒めるはコミュニケーションを円滑にしてくれます。

どんどん人を褒めましょう。

 

褒めることの難しいところは、一歩間違えるとお世辞に聞こえてしまう点です。

 

お世辞に聞こえない褒め方があります。

それは、相手が気をつかっているとこを褒めるのです。

 

体がしまっている男性であれば

「スタイルがいいですね!普段運動されているんですか?」と。

女性であれば、髪型やネイル・ファッションなどを褒めます。

 

気を使っているところを褒めると

「お世辞はいいよ」と言いながらも嬉しく思うものなのです。

 

結論:会話が続かないを克服するには実践を重ねよう

ここまで話してきましたが、最後は実践あるのみです。

雑談が上手になる最強の組み合わせは

自己開示 + 質問 + 褒める です。

 

例えば仲の良い上司とさらに距離を縮めようと思ったら

「最近、好きな子ができたんですけど、どうアプローチしようか迷ってて、(自己開示)

〇〇さんはめちゃモテると思うんですけど、(褒める)

どうやってアプローチするのがいいですか?(質問)

 

この組み合わせはコミュニケーションを円滑にする最終奥義です。

ぜひ、日頃の生活で使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。