「ブログに本気になれない」理由は超シンプル。とっておきの解決法

「ブログを始めたけど本気になれない」

と思ってませんか?

本気になるって難しいですよね。

 

僕も最初は本気になれずにいました。

稼いでいるブロガーさんを見ると皆さん本気でやっていて

それを見るたびに

「自分にはこんなにできない」

「もっと本気になれたら」

と思っていました。

 

ある時に境に本気になることができたので、今回の記事にまとめてみました。

 

そもそも本気なんて幻想

 

本気になれないと思ってる人も意外と本気の意味を知らないことがあります。

本気とは

 まじめな気持ち。真剣な気持ち。また、そのさま

 

 

特に、本気になれない人が思い描く本気とは

「100%真剣な状態」のことを指すのではないかと思います。

 

ブログで本気になる=ブログを100%の力で行う

人生に本気になる =人生を100%真剣に生きる

 

 

ただ、人間誰しもさぼりたい時もありますし、休みたい時もあります。

さらに100%ってすごく曖昧なものですよね。

何がどうなったら100%なのかって基準はありません。

自分がそう思っているだけなのです。

 

 

本気の人は自分で本気だと思っていない

 

私たちから見て本気に思えるブロガーさんに聞くとだいたい

「別に本気でやってないよ」と言います。

 

その人からすると、本気ではなく普通だそうです。

 

えーそれで本気じゃないのと思いますが、

本人からするとそれが当たり前なので本気になろうとは思っていないんですよね。

 

ってなると、もしあなたが今より本気になったとしても、

少し経てばそれが当たり前になります。

 

 

それでこう思うのです。

「昔はもっと本気だったのに」と。

 

本気とは比較対象があって初めて成り立ちます。

 

誰かと比べて本気か

過去の自分と比べて本気か

 

ってことは今の自分が本気かわからないとなります。

 

 

 

本気になれる時はたった一つだけ

 

唯一、本気になれる時があります。

 

やらざるを得ない時です。

 

例えば、借金を1000万背負ってしまった。

親が倒れてしまって、お金が足りなくなった。

 

など。アクシデントがあってやらざるを得ない時には本気になれます。

 

成功されているお金持ちは、若い時にものすごく貧乏だったという人が多いです。

お金を稼がないと後がない状態だったからこそ、やるしかなかったわけです。

 

 

本気ではなく没頭を目指す

 

では、本気になることはできないのでしょうか?

 

個人的な結論として、本気ではなく没頭を目指すがいい かと思っています。

 

没頭とは

一つの事に熱中して他を顧みないこと

です。

 

TVゲームをしていたら夢中になってご飯を食べるのを忘れていた

Youtube を見ていたら気づいたら朝だった

 

なんて経験はありませんか?

 

これは没頭していて時間を忘れていたからです。

 

没頭状態をブログや人生に向けることができたとしたら、

あなたは稼ぐことができますし理想の人生も叶えることができるでしょう。

 

 

意識的に没頭状態を作るコツ

 

やらないことを決めることです。

没頭は2つの要素から成り立っています。

 

1つのことの熱中すること

他を顧みないこと

 

熱中しようと思っても熱中はできませんが、

他を顧みないことは比較的かんたんにできます。

 

やらないことを決めればいいのです。

 

僕はブログを毎日書いておりまして、

ブログを書き始める時にやらないことを決めました。

以下では僕がオススメのやらないことを3つ上げていきます。

 

 

 

TVを見ない

まずはTVを見ないことです。TVは無意識につけてしまいます。興味がない番組でも、音が気になってしまい、気づいたら見ていることも多いです。

私はまずやったのはTVを押し入れにしまいました。

 

 

 

 

アプリ・SNSをやらない

 

次にやってことはアプリ・SNSを見ないことです。最近はアプリが充実していて気づいたらスマホを触っています。用がなくてもSNSを開いていることも多かったです。

そのため、アプリとSNSを見ないを決めました。さらに無意識的に使ってしまうアプリとSNSを消しました。

 

 

付き合わない人を決める

 

友人からの誘いは行きたくなるものです。しかし、飲み会や食事の予定0にしました。

ここで不安に思うのが「予定を断ったら、友達が減ってしまうのではないか」ということです。

その思った時は、まず一ヶ月だけ試してみることをお勧めします。

一ヶ月であれば、「ごめん今忙しくて。来月なら少し落ち着くからまたrんれくする」といえば相手が不快に思うこともありません。

一ヶ月後の会いたいと思えば会えばいいですし、一ヶ月後にそうでもなければ会わなければいいのです。まずは人と会う予定を入れない練習をすることです。

 

 

結論

 

本気になりたい時は、やらないことを決めろ!

です。

 

やらないことを決める際は、頭に浮かばないようにするのです。

 

TVの例でいえば、TVを見ないと決めるだけでは、疲れた時にふとTVをつけたくなります。

そこで押し入れにしまうことでTVの存在を忘れるようにしたのです。

アプリも同じです。スマホの中に入っていると無意識に見てしまうため、スマホから削除するのです。そうすると、アプリが目に入ってきませんので忘れることができます。

 

 

このようにやらないことを決めていくと、没頭状態に入りやすくなります。

 

本気になれない人はぜひやってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20代元IT業界営業マン。人見知りな性格で営業が嫌い、仕事の反動で休日は家にこもってました。ストレス社会で戦う営業職を少しでも励ませたらと思っています。今は転職してフリーでwebの仕事をしています。